St. Vincent、6枚目となる新作『Daddy’s Home』を5月14日に世界同時リリース!日本盤には昨年話題を呼んだ「NEW YORK FEATURING YOSHIKI」の収録が決定

第61回グラミー賞「最優秀ロック・ソング」、「最優秀レコーディング・パッケージ」の2部門を受賞した前作『MASSEDUCTION』に続く作品。
SHARE
2021.03.05 11:00

現代音楽界で最も革新的なアーティストの1人でありグラミー受賞経験もある実力派シンガー・ソングライター、St. Vincentが6枚目となるアルバム『Daddy’s Home』を5月14日(金)にリリースする。 


第61回グラミー賞「最優秀ロック・ソング」、「最優秀レコーディング・パッケージ」の2部門を受賞した前作『MASSEDUCTION』(2017年)に続き、敏腕Jack Antonoff(Taylor Swift、FKA Twigs他)を共同プロデューサーに迎え、マスタリングにはChris Gehringer(Dua Lipa他)、レコーディングはLaura Sisk(Lana Del Rey他)を起用し盤石の布陣となっている。また、世界同時発売される本作の日本盤には、2020年8月に大きな話題を呼んだYOSHIKI(X JAPAN)をフィーチャーしたシングル「NEW YORK FEATURING YOSHIKI」の収録も決定した。 



St. VincentことAnnie Clarkは、2007年『Marry Me』でデビューし、その後『Actor』(2009年)、『Strange Mercy』(2011年)を発表し、4作目となるセルフタイトル・アルバム『St. Vincent』(2014年)では、第57 回グラミー賞「最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム」を受賞し、同部門で受賞した女性アーティストとしては史上2人目となった。ソロ活動の他にも、St. Vincentはこれまでに数々の著名人とも共演を果たしており、Talking Headsの活動でも知られるDavid Byrneとのアルバム『Love This Giant』(2012年)をはじめ、2014年の「ロックの殿堂」ではNirvanaのシンガー兼リード・ギタリストとして出演しパフォーマンスを披露し、2019年の第61回グラミー賞授賞式ではDua Lipaとデュエットを披露している。 


2019年の冬、Annieの父親が刑務所から出所し、彼女は今作『Daddy’s Home』を書き始めた。 


幼少期に父親が教えてくれ、彼女がこれまでの人生の中でおそらくどの音楽よりも多く聴いてきたであろう1971年~1975年にかけてニューヨークのダウンタウンで制作されたセピア色に染まったレコードの数々を振り返った。アルバム情報解禁と共に公開された先行シングル「Pay Your Way In Pain」 は、70年代のレコードの影響を大きく受けている。ギタリストとしても高く評価されてきたSt. Vincentが、彼女のシグニチャーでもあるErnie Ball Music Manのギターを掻き鳴らしている。また、本日米映画監督のBill Benzが監督した同作のMVも公開された。 


ジャンルを超えた唯一無二のサウンド、革新的なギター・テクニックとカリスマ性でファンを魅了するSt. Vincentが4年振りとなる新作でカムバックする。 







【リリース情報】


アルバム『Daddy’s Home』 

2021年5月14日(金) 

品番:UICB-10004 

税込価格:3,300円 

日本盤は歌詞対訳・解説付き、ボーナス・トラック1曲収録 

試聴/購入:https://caroline.lnk.to/pywip_stvincent 

 


<トラックリスト> 

Pay Your Way In Pain  

Down And Out Downtown 

Daddy’s Home  

Live In the Dream  

The Melting Of The Sun  

The Laughing Man  

Down  

Somebody Like Me  

My Baby Wants A Baby  

...At The Holiday Party  

Candy Darling  

NEW YORK FEATURING YOSHIKI *日本盤ボーナス・トラック 

 


【St.Vincent】

米女性シンガーソングライター兼ギタリスト。ポリフォニック・スプリーやスフィアン・スティーヴンスのツアーメンバーとして活動後、ソロ活動を開始。ミュージシャンとして作品のアートワーク、ステージ衣装など、ヴィジュアル・イメージも自らプロデュースする。 2014 年にリリースしたアルバム『セイント・ヴィンセント』が絶賛され、第57 回グラミー賞「最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム」を受賞、US チャート12 位を獲得し多くのメディアで年間ベスト・チャート上位にランクイン、国際的に注目を集めた。 2017年10月に5枚目となるアルバム『マスセダクション』(「New York」のオリジナルヴァージョン収録)をリリースし、USとUKのチャートにてTOP10入りを果たした。第61回グラミー賞では、「最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム」にノミネートされ、「最優秀レコーディング・パッケージ」と収録曲「Masseduction」が「最優秀ロック・ソング」を受賞した。初来日は2012年、2017年Hostess Club All-Nighterにヘッドライナーとして出演、2018年8月にはサマーソニックで再来日を果たし日本の観客を魅了した。 

日本公式サイト:https://carolineinternational.jp/st-vincent/ 






SHARE