東京出身ニューヨーク在住・世界的なDJ、SATOSHI TOMIIE(富家哲)に注目

DJ・SATOSHI TOMIIE(富家哲)とは
SHARE
2018.07.04 06:35


DJ・SATOSHI TOMIIE(富家哲)とは


1989年、SATOSHI TOMIIEという無名の新人がアメリカでデビューしていきなりデビュー曲が世界的ヒットを記録して大きな注目を集めた。その後、全世界でDJとして世界的な成功を収めた彼は2010年代半ばからソロ活動を再開している。




SATOSHI TOMIIEの初期キャリア


SATOSHI TOMIIE(富家哲)は、アメリカのニューヨークに拠点を置く日本人DJである。生まれは日本で、東京都保谷市(現西東京市)で生まれた彼は幼少期にクラシック・ピアノの教育を受けた事より、まずJAZZに高い関心を示す少年となった。その後、早稲田大学時代にはバンド活動にハマるようになったのちにファンクやヒップホップ・ハウスなど幅広い音楽に興味を持つようになり、クラブミュージックに傾倒していく。そんな中、DJとして活動するようになって1988年頃に制作したデモテープをアメリカの世界的音楽プロデューサー・DJであるFrankie Knucklesに送付したところ、彼から高い評価を受ける。






レジェンドDJ Frankie Knucklesから評価され1989年に世界デビュー


Frankie Knucklesから類まれる才能を高く評価されたSATOSHI TOMIIEは、まだ日本でもデビューしていなかった中、Frankie Knucklesに聴かせた「Tears」にていきなり世界デビューを果たす。すると、この作品は圧倒的なクオリティの高さによって世界的なヒットを記録し、これがきっかけでFrankie Knucklesなどが所属するDEF MIX PRODUCTIONS入りを果たす。そして同時に東京を離れてアメリカのニューヨークを拠点に活動するようになり、1990年発表の2ndシングル「And I Loved You」も大ヒット。そんな中、同じくニューヨークを拠点に活動する世界的な日本人アーティストの坂本龍一からも注目される存在となり、1991年発表の「Heartbeat」というアルバムをプロデュースした。さらに、アルバムリリース後に開催された坂本龍一のツアーにもメンバーとして参加し、坂本龍一との交流を深めていく。




1994年にGEISHA GIRLSのメンバーになる


坂本龍一と親しかったSATOSHI TOMIIEは、日本お笑いコンビ・ダウンタウンと坂本龍一による本格的な音楽ユニット「GEISHA GIRLS」に、テイ・トウワと共に参加。このユニットにおいてはドラムとして活動していた。このGAISHA GIRLSはダウンタウンの人気が爆発し始めた時期に結成されたため、デビューから高い注目を集めてデビューシングル「Grandma Is Still Alive」はいきなり大ヒットを飛ばす。




さらに、ニューヨークでライブを開催したこともあり、このライブにはSATOSHI TOMIIEもドラムで参加している。そして、このGEISHA GIRLSというユニットのメンバーとして活動したことにより、坂本龍一の2人の秘蔵っ子・SATOSHI TOMIIEとテイトウワの名は広く日本に知れ渡った。GEISHA GIRLSのメンバーとして活動したことで、日本での知名度が一気に上がったDJ・SATOSHI TOMIIEであるが、1990年代後半からは一段と海外で活躍するようになる。目立った仕事としては、日本でも大ヒットしたマライア・キャリーの1995年のシングル「Fantasy」のアメリカ版の5曲目に収録されているDef Club Mixのプロデュースを担当した。さらに1997年にはU2のシングル「Discotheque」の1曲目に収録されている"DM Deep Extended Club Mix"のリミックスをDavid Moralesと共に手掛けて、この作品のヒットに大きく貢献している。


2000年代以降の活躍


1990年代に世界的なミュージシャンとの仕事でさらなる成功を収めたDJ・SATOSHI TOMIIEは、2000年にようやくソロの1stアルバム「FULL LICK」を発表した。また、同年にはCHARAをボーカルに迎えたシングル「Atari」をリリースし、CMソングだったこの曲が高い評価を受ける。しかし、2000年をもって自身の音楽活動のペースをゆるめて2001年からはDJとして世界中を廻るようになり、2002年から英国の某音楽誌にて4年連続で「Top 100 DJ」に選出されるほどの存在に。2010年代に入ってもDJとしての活動が目立っていたが、2015年には15年ぶりのソロアルバムを発表し、現在はソロの音楽活動・DJ活動両方にて高い注目を集めている。


Photo:https://www.facebook.com/pg/satoshi.tomiie.dj/photos


Written by 編集部



SHARE