レッドブルがロンドンの地下にゲーム天国を作った! 一体何のため?

オーストラリアの飲料メーカー、レッドブルがロンドンの地下にゲームのための“競技場”を作った。その意図って何?
SHARE
2018.04.06 03:30


eSportsプレイヤーのために作られたゲーム競技場




翼を授けてくれることでお馴染み、飲料メーカーのレッドブルがロンドンの地下にeSportsプレーヤー向けの豪華なゲーミングスペース「Red Bull Gaming Sphere London」をオープンした。このGaming Sphereには、190インチ(約5メートル)の超巨大LEDディスプレイや、高性能ハードウェアを搭載した2メートル四方のゲームステーションなどが設置されていて、まさにゲーマーのための天国。もちろんゲーム観戦のための広い座席もあるとのこと。


自分の世界で楽しみたいプレーヤーはヘッドセットや3面ディスプレイでVRを堪能でき、カジュアルに楽しみたい人にはXboxやPlayStation 4、任天堂スイッチなども用意されている。


ちなみに16歳未満は入場不可。まさに大人のための遊技場だ。








eSportsに賭けた!レッドブルの戦略




eSportsは、昨年アジアオリンピックの正式なメダル種目に選ばれたことで競技熱はますます加熱中だ。そして、今や市場は約970億円(9億ドル)とも言われている。そこにいち早く目をつけたのがレッドブルというわけだ。


サッカー競技場や陸上競技場のように、各地にゲームの競技場を設置することで既存のプレーヤーを強化しつつ、新規のプレーヤーを増やすことで市場の拡大を図るそう!


この作戦、吉と出るか、凶と出るか、今後の展開に目が離せない。




Red Bull Gaming Sphere Tokyo




Red Bull Gaming Sphereが初めて設置されたのは、なんと東京だった! どうやら今年の2月にオープンした模様。中がどうなってるか、見てみたくありませんか? こちらでは、日々様々なゲームイベントが行われているそう。気になる人はチェックしてみてね。


参考:

https://www.psfk.com/2018/04/red-bull-opens-underground-gaming-haven-london.html

https://www.redbull.com/jp-ja/projects/red-bull-gaming-sphere-tokyo

https://www.statista.com/topics/3121/esports-market/

https://www.youtube.com/watch?time_continue=4&v=TIxlG6am9jk


Written by Kotona Hayashi

Photo:Red Bull Esports Twitter, Red Bull



SHARE