Porter Robinson、Live2D技術を駆使した新曲「Mirror」のMVを公開

現実の森の映像にARの花や模様が加わり、現実的でありながらも幻想的な映像体験を味わえる作品となっている。
SHARE
2020.09.11 09:30

ミレニアル世代の天才DJ、Porter Robinson(ポーター・ロビンソン)が8月27日にリリースされたシングル『Mirror(ミラー)』のMVを本日公開。現実の森の映像にARの花や、模様が加わり現実的でありながらも幻想的で不思議な映像体験を味わえる作品となっている。


MV内の印象的なイラストはLive2Dのフェイストラッキング機能を使ってPorterの顔の動きをマッピングしており、楽曲の切なさや煌めきをまるで生きているかのように自由に表情を変えながら表現している。YouTube内の公式動画には和訳の日本語字幕を表示させることもでき、「Mirror」の世界をより深く理解することができる仕様となっている。



そして、InstagramのARフィルターとしてMV内で使われた手描きのイラストたちの提供が開始された。

●Instagram Mirror ARフィルター:

https://www.instagram.com/ar/2693491434300786/


5月に収益を全てコロナウイルス救済支援に寄付したオンラインフェスティバル「Secret Sky Music Festival」にてテクノロジーと音楽を共演させたポーターらしい取り組みだといえるこのARフィルターはカメラを通して、MVの世界を私たちも体験することができるようになっている。ますますアルバム『Nurture』への期待が高まるばかりだが、「Mirror」の世界を楽しみながら続報を待とう。







【リリース情報】




Porter Robinson | ポーター・ロビンソン

新曲『Mirror | ミラー』

8月27日発売

再生・購入リンク: https://lnk.to/PorterRobinson_MirrorJP


【プロフィール】

Porter Robinson ポーター・ロビンソン

・アメリカ/ノースキャロライナ州出身プロデューサー/DJ

・2010年にリリースした「セイ・マイ・ネーム」という楽曲をきっかけに、翌年スクリレックス主宰レーベル<OWSLA>と契約

・シングル「スピットファイア」がBeatport 1位を記録

・ザ・ケミカル・ブラザーズなどを輩出してきたレーベルAstralwerksと契約し、2014年にリリースしたフル・アルバム『ワールズ』は全米チャート初登場トップ20位入り

・2016年8月、マデオンとのコラボレーション楽曲「シェルター」を発表し、A-1 Picturesによる全編書下ろしアニメーションのミュージック・ビデオを公開

・2017年2月、日本独自コンピレーション・アルバム『シェルター: コンプリート・エディション』をリリースし、オリコンデイリー洋楽アルバム・チャートで1位を記録(2017/2/14付)

・同月にはマデオンとのジョイント来日公演をZEPP DiverCityで開催

・2017年9月<ULTRA JAPAN 2017>に出演

・2017年11月、新プロジェクト<ヴァーチャル・セルフ>としてEPをリリース

・2019年2月ヴァーチャル・セルフ、Ghost Voiceが第61回グラミー賞最優秀ダンス・レコーディング賞にノミネート

・同年6月、アメリカ/オークランドにて音楽フェスティバル〈Second Sky〉を開催。

・2020年、個人名義では6年ぶりとなる最新アルバム『ナーチャー』をリリース予定であることを発表。

・2020年2月、マデオンとのコラボレーション楽曲「シェルター」が13憶ストリーミング再生を突破、アメリカ/レコード協会にてゴールドディスク認定を受ける

・同年5月、オンライン上にて音楽フェスティバル〈Secret Sky〉を開催。総視聴者数が400万人を越え、ポーターのセット時には25万人が一斉にオンライン参加した


【関連サイト】

●日本公式サイト: https://www.sonymusic.co.jp/artist/porterrobinson

●海外公式サイト:http://porterrobinson.com/ 

●ポーター・ロビンソン公式Twitter:https://twitter.com/porterrobinson






SHARE