UKロックバンド・Pale Wavesが2ndアルバムリリースを発表、新曲「Change」を公開

「Change」のMVも同時公開。The 1975とのツアーも慣行し、UKを代表するバンドとして注目を集めている。
SHARE
2020.11.11 09:30

近年最もブレイクしたUKロックバンドとして注目を集める英マンチェスター出身の4人組、Pale Waves(ペール・ウェーヴス)が待望のセカンド・アルバム『WHO AM I?』を来年2月12日にリリースすることを発表した。更にアルバムからの1stシングル「Change」をリリースしミュージック・ビデオも公開した。


新アルバムは今年、LAのスタジオにてRich Costey(リッチ・コスティー)(MUSE、Foo Fighters、Sigur Ros等)をプロデューサーに起用し制作の殆どをLAでレコーディング。コロナウィルスの蔓延によりロックダウンが開始されるタイミングでHeatherとCiaraはそのままLAに留まり、Hugo(ヒューゴ)とCharlie(チャーリー)はUKの自宅に戻りベッドルームからリモートでレコーディングを続けアルバムを完成させた。バンドが持つポップネスとフロント・ウーマン、Heather Baron-Gracie(ヘザー・バロン・グレイシー)が抱える苦悩、心の闇、恋愛経験、そして自己への問いかけが表現された作品となっている。


アルバム・アナウンスと同時に失恋について歌ったノスタルジックでキャッチーなギター・トラック「Change」をリリースした。



フロントウーマンのHeather Baron-Gracie(Vo/G)率いるPale WavesはCiara Duran(Dr)、Hugo Silvani(G)、Charlie Wood(B)の4人組でメンバーは皆マンチェスター出身。2017年にThe 1975、Wolf Alice(ウルフ・アリス)、beabadoobee(ビーバドゥービー)などが所属するUK気鋭レーベル<Dirty Hit>と契約し、翌2018年にデビューアルバム『My Mind Makes Noises』をリリース。アルバム発表前にNMEアワード最優秀新人賞を受賞、BBCが毎年有力新人を選出する名物企画<BBC Sound of 2018>に選出され、Dirty HitのレーベルメイトでありバンドのメンターでもあるThe 1975とのツアーも慣行した。デビューアルバムがUKチャート初登場第8位を獲得すると有力新人としてだけでは無く、UKを代表するバンドの一つとして注目を集める様になった。


新作『WHO AM I?』ではヘザーが近年抱えていた苦悩、憂鬱、混乱、そして心の暗部へと光を当てソングライティングを行っている。恋愛や自身の考えがよりクリアに楽観的になり、そして自身のセクシャリティーについてもオープンになれた事でフロントウーマンとして前進する様になった経験も反映されている。


今作ではPale Wavesのマニフェストとして包括性を活性化させ、自己発見を促し、なりたいありのままの自分でいるという考えを表現している。新アルバムについてHeatherは「私にとって音楽とアートはみんなが独りぼっちで孤独を感じないようにしてくれるものだと思っている。私たちのファンを勇気づけて、心地良さを感じてもらいたい」とコメントしている。







【リリース情報】




アーティスト:Pale Waves(ペール・ウェーヴス)

タイトル:Change(チェンジ)

発売日:2021年11月11日(水)

レーベル:Dirty Hit 

 

<トラックリスト>

1. Change (2分52秒)

シングル絶賛配信中!


【アルバム情報】

アーティスト:Pale Waves(ペール・ウェーヴス)

タイトル:WHO AM I?(フー・アム・アイ?)

発売日:2021年2月12日(金)

レーベル:Dirty Hit 

日本盤リリースの詳細は後日発表させて頂きます

 

<トラックリスト>

1. Change

2. Fall To Pieces

3. She’s My Religion

4. Easy

5. Wish U Were Here

6. Tomorrow 

7. You Don’t Own Me

8. I Just Needed You

9. Odd Ones Out 

10. Run To

11. Who Am I? 



【Pale Waves】

ヘザー・バロン・グレイシー率いる英インディーロック・バンド。The 1975やウルフ・アリス、ビーバドゥービー等を擁するUK気鋭レーベル<Dirty Hit>と契約し、2017年2月にレーベルメイトであるThe 1975のマシュー・ヒーリーとジョージ・ダニエルがプロデュースしたデビュー・シングル「There's A Honey」を発表し脚光を浴びる。同年8月、セカンド・シングル「Television Romance」を発表し、Spotifyの<最優秀インディー・リスト2017>に選出。当時シングルを2枚しかリリースしていない新人としては異例の早さでNMEの表紙に抜擢される。BBCによる<Sound of 2018>やMTVによる<Brand New 2018>など多くの音楽媒体でノミネートされ、ブレイク必至の有力新人として世界中から注目を集めた。2018年、NMEアワードにて最優秀新人賞を獲得。デビューEP『オール・ザ・シングス・アイ・ネヴァー・セッド』をリリース。2018年開催のサマーソニックで初来日を果たすと、同年、デビュー・アルバム『マイ・マインド・メイクス・ノイジーズ』をリリース。2019年にはジャパンツアーを慣行し東京2公演をソールドアウト、同年に開催されたサマソニにて2年連続出演を果たす。2021年2月には待望のセカンド・アルバム『WHO AM I?』をリリースする。






SHARE