One Direction(ワン・ダイレクション)のLouis Tomlinson(ルイ・トムリンソン)はサッカー選手という側面も持つ

特殊な経歴のLouis Tomlinson(ルイ・トムリンソン)
SHARE
2018.06.04 05:24


特殊な経歴のLouis Tomlinson(ルイ・トムリンソン)


One Direction(ワン・ダイレクション)には個性的なメンバーが揃っているが、その中でもLouis Tomlinsonは特殊なメンバーといえる。なぜなら2013年からイングランドにて3部リーグにあたる地元のサッカークラブに所属し、実際に試合に出場するなどサッカーとしての顔も持ち併せているためだ。そんな彼のこれまでの人生とは? 




Louis Tomlinsonの生い立ちからOne Direction(ワン・ダイレクション)活動期までの歴史


Louis Tomlinson(ルイ・トムリンソン)は、英国・イングランドのサウスヨークシャー州・ドンカスター出身の男性ミュージシャンだ。1991年12月生まれのLouis Tomlinsonは、サッカー大好き少年であった一方で10代になると音楽分野で成功することを夢見るようになり、英国の人気オーディション番組「Xファクター」にエントリーした。番組を通じてソロ歌手としてデビューすることは叶わなかったが、その番組を通じて世界的音楽プロデューサーが新たに立ち上げることを決めたボーイズグループのメンバーに抜擢。のちにメンバーたちによって「One Direction(ワン・ダイレクション)」と名付けられたそのボーイズグループのメンバーとして2011年に英国・アイルランドにてデビュー。






2012年には全世界で続々CDが発売されると英国・アイルランドだけでなく世界各国で大ブレイクし、One Direction(ワン・ダイレクション)はあっという間に世界で最もされる新人グループとなった。2013年から2014年にかけてもその人気上昇はとどまることを知らず、2014年開催のスタジアムワールドツアーはなんと全世界で合計約350万人を動員した。しかし、過剰な多忙さにメンバーは次第に疲弊していき、2015年にオリジナルメンバーの1人が脱退したのを機に大きく人気が下降し、2016年3月を持って無期限の活動休止期間に入った。なお、One Direction(ワン・ダイレクション)の偉大さを示す数値としては、2011年のデビュー以降全世界で1億枚近いトータルセールスを記録しているほか、ライブの観客動員数はわずか4年で750万人を超えている。




サッカーとの関係


彼の地元・ドンカスターという街には、イングランドサッカーにおいて2部リーグ・3部リーグの昇降を繰り返してきたサッカークラブがあり、Louis Tomlinsonは子供の頃からそのクラブのファンであった。そして、One Direction(ワン・ダイレクション)のメンバーとしてデビューする前は同クラブの施設内飲食店でアルバイトをするほどのファンであったが、サッカーが得意なLouis Tomlinsonは2013年夏に同クラブに選手として加入。翌年2月には実力が認められて同クラブのリザーブチームの試合に実際に出場を果たし、素晴らしいプレーを披露した。さらに驚きはそれだけではなく、2016年にはオールド・トラフォードという巨大なスタジアムが開催されたイングランドvs世界選抜のチャリティーマッチにセレブリティ枠でイングランド側のメンバーとして出場。ピッチ上では元ブラジル代表のロナウジーニョなどと対戦し、こちらの試合でも基本的な技術の高さを見せて世界中のOne Direction(ワン・ダイレクション)達を驚愕させた。その他、最終的に買収に失敗に終わったが、2014年には地元クラブ・ドンカスターの躍進のためにお金を集めてチームの経営に参加しようとしたこともあり、何かとサッカーに関する話題が多い。




Louis Tomlinsonのソロ音楽活動


Louis Tomlinsonは、サッカー選手としての活動がクローズアップされがちであるが、決して音楽活動を休んでいるわけではない。2016年末には世界的な日系人DJ・スティーブ青木とのコラボシングルにてソロデビューを果たし、2017年末までに2枚目・3枚目のシングルもリリースした。なお、2ndシングルの「バック・トゥ・ユー」はトータルセールス100万枚を超えるヒットを記録したほか、2017年11月開催の欧州圏最大の音楽アウォード「MTV EMA」では最優秀UK&アイルランド・アクト賞を受賞している。




Photo:https://www.facebook.com/pg/louis.tomlinson/photos


Written by 編集部



SHARE