トラックメイカーユニットODOLAの1stアルバム『Grooovin’ Blue』より、「Rough Song #3」バンドセットセッション映像が公開

リリースパーティー『Grooovin’ Blue』ONE MAN SHOW CASEのゲスト詳細も発表。
SHARE
2020.11.13 07:00

トラックメイカーユニットODOLAの1stアルバム『Grooovin’ Blue』より、「Rough Song #3」のバンドセットによるスタジオセッション映像が公開された。監督はRai Hashimotoが担当。メンバーの沼澤成毅が歌い上げるメロウなナンバーを、長岡智顕(思い出野郎Aチーム)、 kauai hirótomo(Ds)を迎えたバンド・セットで収録した内容となっている。



また、11月17日(火)には1stアルバムのリリースに伴う【ODOLA 『Grooovin’ Blue』ONE MAN SHOW CASE】が東京・恵比寿BATICAにて開催され、今回の映像と同様のサポートメンバーを迎え、バンドセットでライブを行う。ゲストヴォーカルにKuro(TAMTAM) 、城戸あき子 (ex.CICADA)、LIBRO、CHIYORIが出演。DJにはTOSHIKI HAYASHI(%C)、tommgnを迎え、アルバムに参加したゲストが一挙に出揃う豪華なライブとなっている。ライブはニ部制。各セット共に感染症対策を十分に行っての開催となり、人数を最小限に絞っての開催。







【イベント詳細】




ODOLA 『Grooovin’ Blue』ONE MAN SHOW CASE

ADV ¥2500/DOOR ¥3000 

※両セットそれぞれ上記の価格 

※共にドリンク代別 

※1部、2部の通し券は500円割引


【2部制】

1st showcase open 19:00 

2nd showcase open 21:00


[ODOLA] 

Pam(Prog.Key)

Naruki Numazawa(Key,Vo)


[Support Member] 

長岡智顕(Bs,思い出野郎Aチーム) 

Kauai Hirotomo(Ds)


1st set

[Guest Vocal] 

城戸あき子(ex.CICADA) Kuro(TAMTAM)

[DJ]

 tommgn


2nd set

[Guest Vocal] 

城戸あき子(ex.CICADA) 

LIBRO

CHIYORI


[DJ]

TOSHIKI HAYASHI(%C)






SHARE