Mount Kimbie『Love What Survives』リミキシーズが発売、注目は新旧テクノ女王Nina KravizとEllen Allienのリミックス対決

昨年リリースされたMount Kimbie最新アルバム『Love What Survives』のリミキシーズのリリースが発表、Nina Kraviz、Ellen Allienらに加え、Marcel Dettmann、Gerd Jansonのリミックスが収録される。
SHARE
2018.03.30 11:00

昨年9月に最新アルバム『Love What Survives』をリリースし、来日ツアーも話題になったMount Kimbieが、新たに同アルバムのリミキシーズ作品をリリースする。 


『Love What Survives Remixes』はアナログとデジタルでリリース 


『Love What Survives Remixes』は、来月5月4日、11日の2週に渡り、それぞれ12インチアナログ盤としてリリース。また5月11日にはデジタル盤が同時解禁になるとのことだが、注目はNina Kraviz(ニーナ・クラヴィッツ)とEllen Allien(エレン・エイリアン)2人による新旧テクノ女王のリミックス対決だ。


Nina Kravizによる『Remixes Part 1』  


Nina Kravizは、5月4日にリリースされる『Remixes Part 1』EPで、「Blue Train Lines」をリミックス。現在、その「Blue Train Lines (Nina Kraviz Main Mix)」が先行公開中。原曲はKing Kruleをフィーチャーした疾走するインディーロック調のものになっていたが、Nina Kravizによるリミックスはそのスピード感を活かしたドープでテッキーな内容になっている。またこちらのEPには二つのDJツール・バージョンを同時収録される。




『RemixesPart 2』にはEllen Allien、Marcel Dettmann、Gerd Janson参加 


そして、5月11日にリリースされる『Remixes Part 2』EPでは、Ellen Allienが「T.A.M.E.D」をリミックス。「Ellen Allien U.F.O RMX」、「Ellen Allien Berlin RMX」の2バージョンが収録される。原曲のポストダブステップを経由したポストロック調の曲を彼女がどのようにリミックスするのかに注目したい。またベルリンテクノの顔役の1人、Marcel Dettmann(マルセル・デットマン)と人気レーベル「Running Back」のGerd Janson(ゲルト・ヤンソン)による「Four Years And One Day」のリミックスも同時収録されるとのこと。



エレクトロニックとアコースティックを融合させたポストダブステップのムーブメントを作り上げながらも、最新作ではさらにポストロック、インディーロックへの接近を見せたMount Kimbie。そのリミキシーズにテクノシーンで有名なプロデューサーたちを起用していることは非常に興味深い。5月のリリース日が今から非常に楽しみだ。 


参考: 

https://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=9525

https://bleep.com/release/96819-mount-kimbie-love-what-survives-remixes-part-2 


Written by Jun Fukunaga 

Photo: Nina Kraviz Facebook / Ellen Allien Facebook 



SHARE