今年も女王はアナタです、Rihanna様! Met Galaでその貫禄を見せつける

世界最大規模のファッションの祭典で今年もRihannaが女王の威厳を見せつけた。そのファッションとは?
SHARE
2018.05.11 03:00

世界最大級のファッションの祭典Met Galaが今年もニューヨーク、メトロポリタン美術館で開催された。Madonna(マドンナ)やKim Kardashian(キム・カーダシアン)など名だたるアーティストやセレブたちが一堂に会する豪華すぎるこの祭典で、一際注目を集めてたのがRihanna(リアーナ)だ。今年はどんな姿を見せてくれたのだろう?




テーマは「カトリック」、Rihannaが扮するのは……?



Met Gala 2018のテーマはカトリック。各所で物議を醸したこのテーマに対するRihannaのアンサーは、なんと「法王」!

Rihanna法王様…。つ、強すぎる。


ローマ法王を模した高い帽子もRihannaにかかれば、キラキラと輝くビジューで埋め尽くされる。こんなゴージャスな法王、見たことないよね?


この衣装のデザインを担当したのは現在メゾン マルタン マルジェラでクリエイティヴディレクターを務めるJohn Galliano(ジョン・ガリアーノ)だというのだからもう間違いない。






これまでもこれからも。ファッションの最先端をいくRihanna



Met GalaにおけるRihannaのファッションはこれまでも高い評価を得てきた。例えば2015年、Rihannaが着用した帝国風のドレスは多くの人々の心を捉え、デザインを務めた中国人デザイナー、Guo Pei(グオ・ペイ)の名前を世に知らしめることとなった。




また、昨年は着こなしが難しいコムデギャルソンのドレスをこれ以上ないほどに着こなし話題を呼んだ。



孤高のディーヴァはファッションでも他の追随を許さない。今から来年のRihannaの着こなしが楽しみになっちゃうね。



written by Kotona Hayashi

source:

https://fashionista.com/2018/05/rihanna-met-gala-2018

https://www.facebook.com/Met-Gala-750912858263989/


photo:Met Gala Facebook, VOGUE instagram




SHARE