ポール・マッカートニーが銃規制デモ「March for Our Lives」に登場。ジョン・レノンについて語ったこととは?

24日にアメリカ各地で行われた銃規制デモ「March for Our Lives」にポール・マッカートニーが登場。親友ジョン・レノンへの思いを語った。
SHARE
2018.03.28 13:00


NYの「March for Our Lives」に参加したポール・マッカートニー


2018年3月24日、全米各地で大規模な銃規制デモ「March for Our Lives」が開催された。さまざまなセレブたちが参加する中、NYでは銃によって親友、ジョン・レノンを失ったポール・マッカートニーが姿を見せた。





彼はCNNの取材を受け、こう語った。


「ぼくの親友が、この近くで、銃による暴力によって命を落とした。この事実はぼくにとって重要なことなんだ。」




デモはセントラルパーク近辺で行われ、1980年12月にジョンが銃撃されたダコタ・ハウスからもほど近かった。



ポール夫妻の胸には、銃による暴力に対するメッセージが


ポールポール夫妻の着用するTシャツの胸には「WE CAN END GUN VIOLENCE(ぼくたちは銃による暴力を終わらせられるんだ)」というメッセージが刻まれていた。



これ以上未来への希望溢れる人々の命がないことを祈るポールの姿に心を動かされた人も多いだろう。少しでも銃による被害が減るよう、祈るばかりだ。


参考:

http://www.complex.com/music/2018/03/paul-mccartney-pays-tribute-to-john-lennon-at-nyc-march-for-our-lives-protest

http://time.com/5213991/paul-mccartney-john-lennon-march-for-our-lives/


Written by Kotona Hayashi

Photo: Times



SHARE