アメリカを代表するスーパースターDJ KASKADE(カスケード)

アメリカで最も優れたDJ KASKADE(カスケード)について
SHARE
2018.05.08 05:51


アメリカで最も優れたDJ KASKADE(カスケード)について


アメリカ出身のKASKADEは、マイアミで開催されたウルトラミュージックフェスティバルではヘッドライナーを務め、アメリカの音楽雑誌DJ TimesでAmerica’s Best DJに選ばれるほどの超人気DJだ。フォーブスが発表する世界で最も稼ぐDJランキングでは、世界7位の21億円をも稼ぎ出している。


ハウス系DJからビッグルーム系DJへ進化


1971年アメリカのイリノイ州シカゴ生まれのKASKADEは、フランキー・ナックルズなどのDJの影響を受け、1990年代半ばからDJ活動をスタートする。学生の間に2年間日本にも滞在し、大学卒業後にサンフランシスコに移住して、本格的な音楽活動を始める。KASKADEはサンフランシスコでのDJプレイで、名門レーベルOM Recordsとの契約に成功する。


2001年に「What I Say」をリリース。お洒落で爽快なハウスサウンドで、聴き心地の良いソフトな楽曲に仕上げている。さらにファーストアルバム「It's You, It's Me」をリリースすると、世界中のクラバーにお洒落で聴き心地が良く美しいメランコリックなサウンドがヒットし、女性を中心に人気を集めた。セカンドアルバム「In the Moment」を翌年にリリースすると、収録曲の「Steppin' OUT」と「Everything」が大ヒットする。アメリカのBillboardチャートで5位を獲得し、「Everything」は1位を獲得するまでの人気ぶりだった。「Steppin' OUT」は軽快なビートからシャープなサウンドへとシフトし、心地良いヴォーカルが響くハウスサウンドだ。「Everything」はノリノリのサウンドから始まり、波の音が海を感じる雰囲気を醸し出し、クールな女性ヴォーカルがセクシーに歌い上げる、夏に聴きたくなるお洒落でホットなナンバーだ。




2008年にはDJデッドマウスとコラボレーションした「Strobelite Seduction」をリリース。「Move for Me」がBillboardチャート1位を獲得する。セクシーで美しい女性ヴォーカルの歌声と、洗練されたハウスサウンドが絶妙に絡み合う、完成度の高い楽曲に仕上げている。2010年にリリースしたアルバム「Fire & Ice」は、Billboardのダンスチャートでアルバムとして初の1位を獲得し、グラミー賞の最優秀ダンス/エレクトロニック・アルバムにも選ばれている。




「Fire & Ice」はEDM色の強いアルバムで、時代の波を見事に乗りこなしている印象の作品だ。次々と新曲をリリースするKASKADEは、DJとして世界各地のフェスやパーティーにも出演している。KASKADEの音楽はハウスからビッグルームへとシフトしていき、メロディックなハウスサウンドに、エネルギッシュなエレクトロを合わせたEDMだ。KASKADEは自分のカラーを持っているDJだ。彼の音楽はメロディックでキラキラしたサウンドで、人のハートに響かせる魅力がある。




自分のスタイルを確立したファーストクラスDJ


DJ歴の長いベテランDJ KASKADEは、アメリカを代表するスーパースターDJとして時代の波を上手に乗りこなしながら、楽曲やフェスティバルにパーティーで、世界中の音楽ファンを楽しませている。日本でも世界最高峰のフェスティバルであるULTRA JAPANに出演し、メロディアスでドラマチックなサウンドで日本のファンを陶酔させた。KASKADEはメロディックなサウンドとエレクトロを合わせたEDMサウンドで時代に乗りながらも、一貫して彼らしいメランコリーな美しさのある楽曲スタイルを貫き、確固たる音楽性を持っている。それがKASKADEのブランドを築き上げ、唯一無二の存在感を醸し出している。




Photo:https://www.facebook.com/pg/kaskade/photos


Written by 編集部



SHARE