ヒップホップ界のカリスマ・JOEY BADA$$(ジョーイ・バッドアス)の来日に関して

NYヒップホップ界のカリスマ・JOEY BADA$$(ジョーイ・バッドアス)の来日
SHARE
2018.05.15 16:32


NYヒップホップ界のカリスマ・JOEY BADA$$(ジョーイ・バッドアス)の来日


JOEY BADA$$(Joey Badass)は、世界的に有名なラッパーとして知られている人物だ。日本にも彼のファンは数多くいると言われているのだが、そんなファン待望の来日公演が2018年1月に行われた。しかも新曲を携えており、ライブバンドセットまで引き連れての単独ライブとあって多くのファンが歓迎したとされている。


JOEY BADA$$とはどのような人物なのか


若手カリスマラッパーと言われているJOEY BADA$$はニューヨークのブルックリン出身の1995年生まれで、若手カリスマラッパーと称されている。そんな彼の経歴としては、友人たちとともに自身のクルーを結成したのをきっかけにラップの世界に入っている。最初は動画投稿サイトでフリースタイルを公開していたのだが、その動画がソニー系列のインディ・レーベルである「Cinematic Music Group」の社長の目に留まったのが始まりだ。


そこから15歳の時にレーベルと契約を交わし、2012年に発表された「1999」が高く評価されたところからカリスマラッパーとして活躍している。その活躍は全米チャートの上位ランキングに入るなど目覚ましいもので、単独での曲以外にも親交のある大手アーティストのコラボレーションも果たしているところから幅広い音楽活動が注目を集めているのだ。音楽活動以外にもゴールデングローブ賞でベストドラマを受賞した「Mr. Robot」ではシーズン2に俳優として出演するなど、今後もJOEY BADA$$は様々なジャンルで活躍することが期待されている。






「Pro Era」を率いる弱冠22歳の本物の来日公演


JOEY BADA$$の来日公演は過去にも行われており、2015年のフジロックにゲストとして出演している。ほかにも2016年のHOT 97 Summer Jam Tokyoにも出演しているなど、比較的来日公演する頻度は多い。ただこれまでの来日公演のほとんどはゲストとして参加するスタイルだったため、2018年の単独来日はJOEY BADA$$にとっても日本のファンにとっても初めての経験となっている。しかも2018年の来日では新曲の披露も兼ねており、ライブバンドセットも一緒ということでこれまでの来日公演とは全く異なる趣向にファンの多くが期待を寄せていた。


実際にJOEY BADA$$の単独公演が終わった後のレビューなどを見ても高い評価が多く、JOEY BADA$$も楽しめたという旨のコメントをしている。このため2018年の単独公演は、ファンにとってもJOEY BADA$$にとっても満足できる内容となったようだ。ちなみに来日直前にはJOEY BADA$$が誕生日を迎えており、そのことで盛り上がったファンも多かったとされている。




今後の来日公演の予定について


2018年の単独来日公演は無事に成功を収めており、日本でのJOEY BADA$$の知名度も高くなったと言われている。そこでファンが気になるのが今後の来日公演の予定なのだが、現時点で来日公演の予定などは特に発表されていない。そのため今後も来日公演があるのかどうかは未定だが、2015年や2016年の音楽フェスにゲストとして参加した経緯から来日する可能性は高いと考えられている。また今回の来日公演が成功したことをきっかけに、ゲスト出演以外の単独公演も視野に入るのではないかと予想されている部分もあるようだ。


ほかにもJOEY BADA$$自身が日本を気に入ったのかどうかが、今後の来日公演の鍵となっている。実際に日本に関してのコメントには好意的なものが多いので楽しんでもらえたのではないかと思われ、機会があれば世界的なツアーなどで日本に来日するのではないかと期待されている部分もある。いずれにしても今後の予定は未定なので、JOEY BADA$$の今後の活躍や来日公演に期待しているファンが多いようだ。




Photo:https://www.facebook.com/pg/fckingbadass/photos


Written by 編集部

SHARE