ラッパーの頂点とも言われ、グラミー賞常連のJAY-Z(ジェイ・Z)とは

ラッパーの頂点とも言われ。グラミー賞常連のJAY-Z(ジェイ・Z)は様々な愛称を持つ
SHARE
2018.05.14 02:53


ラッパーの頂点とも言われ、グラミー賞常連のJAY-Z(ジェイ・Z)は様々な愛称を持つ


グラミー賞を受賞してさらに有名になったJay-zには多くの愛称がある。本名がショーン・コーリー・カーターなのでS・コーリーと呼ばれる事もあるが、ジガやジガー・マン、アイスバーグ、ジェイ・ホヴァなど数え切れない程の名前で呼ばれている。それだけ実力や人柄を認められているJay-zについてご紹介しよう。




グラミー賞で最多8部門にノミネート


2018年1月28日に行なわれた第60回グラミー賞の授賞式がアメリカ・ニューヨークにあるマディソン・スクエア・ガーデンで行なわれた。この時、Jay-zは最多となる8部門においてノミネートされたのだ。Jay-zは2017年7月に4年ぶりのアルバムを出しており、このアルバムが主要4部門のうち3つの部門でグラミー賞にノミネートされていた。その3部門とは最優秀レコード、最優秀アルバム、最優秀楽曲である。しかしこの日、残念ながら彼が受賞をする事はなかった。ところが、この日のちょっとしたエピソードが話題となっている。グラミー賞の授賞式に妻のビヨンセや愛娘ブルー・アイビーと共に出席したJay-zは最前列に3人で座っていた。その時、ブルー・アイビーがプレゼンターのスピーチ中に拍手をした両親に「声が聞こえないからやめて」というように手で制したのだ。言葉では発さずに制したブルー・アイビーの姿はカメラにしっかり捉えられており、将来の大物ぶりをすでに発揮している。




妻は歌手のビヨンセ


グラミー賞受賞を惜しくも逃したJay-zだが、プライベートでは現在幸せそのものである。妻のビヨンセとは一回りほどの年の差カップルだ。グラミー賞では昨年かなりの部門でノミネートされていながらも受賞を逃してしまった妻のリベンジなるか?と大きな話題になっていた事が記憶に新しい。そんなJay-zとビヨンセが結婚したのは2008年のことだ。2人の間には2012年に生まれた長女のブルー・アイビーと2017年に生まれたばかりの双子がいる。双子は息子がサー、娘がルミという名前なのだが、娘のルミという名は日本でもよく名づけられる名前である事がいくつかのメディアでは取り上げられていた。かつての彼は女性関係もにぎやかだった。しかしビヨンセと出会ってからは彼女一筋でいるという事で、理想のカップルと言われる事も度々あった。しかしJay-z本人が結婚してから浮気を数度した事を認めている。それだけではなく、なんとシンガーらしくアルバムの中で浮気した事を認める歌詞を入れているのだ。きっかけは、ビヨンセが恋人が浮気しているようだという内容の曲を出した事だった。Jay-zはそれに対してアンサーソングを出したというわけである。反省文のような歌詞ともとれるこの曲は大きな話題となった。







地下鉄で話した老婦人との会話が話題に


Jay-zはグラミー賞にノミネートされる程実力を持つ有名なシンガーだ。加えて、妻も有名歌手のビヨンセだという事でより知名度は高まった。そんなJay-zは2012年頃にニューヨークのブルックリンにコンサートのために訪れた事がある。その時に地下鉄で撮影されたドキュメンタリー動画が話題になった。この時、彼は地下鉄で移動した時にたまたま隣り合って座った老婦人と会話をしたのだが、彼女はJay-zが誰であるか知らなかったのだ。ブルックリンは彼の生まれ育った土地であり、非常にこだわりを持っている。地元でも、ファンはJay-zがブルックリンを大事に思っている事を知っている人が多い。しかし、たまたまこの出会った老婦人は知らなかったのである。そんな彼女はJay-zに「あなたは有名人なの?」と質問をした。彼は「イエス」と答え、老婦人の質問にいくつか答えた。そして最後に老婦人はもう一度名前を聞いたのだが、「Jay-z」だと言うと、その名前なら知っていると驚いた。この際の会話が非常に微笑ましいと盛り上がり、今でも話題になる事がある程だ。あれから数年の時が過ぎ、あの時の老婦人はJay-zのますますの活躍を目にしているだろう。


Photo:https://www.facebook.com/pg/JayZ/photos


Written by 編集部



SHARE