英サウス・ロンドン出身のR&BシンガーGreentea Pengのデビューアルバムより新曲「Kali V2」が公開

MVは6lackやBurnaboyなど、ヒップホップやアンダーグラウンドシーンの映像作品を多く手掛けるアーティストのABOVEGROUNDが撮影。映像では赤に染まった夜の街並みが映し出されており、闇と不吉さに包まれている。
SHARE
2021.04.16 09:30

BBCによる<Sound Of 2021>にも選出された英R&B界のライジング・スター、Greentea Peng(グリーンティー・ペング)が待望のデビューアルバム『MAN MADE』を6月4日(金)にリリースすることを発表し、同作から新たに「Kali V2」を公開した。



同曲のタイトルは、ヒンドゥー教の女神Kali Maにちなんだもので、彼女自身の言葉を借りれば「古いものを捨て、新しいものを立ち上げる」という、死と再生についての曲だ。同MVも解禁され、6lackやBurnaboyなど、ヒップホップやアンダーグラウンドシーンの映像作品を多く手掛けるアーティストのABOVEGROUNDが撮影し、映像では赤に染まった夜の街並みが映し出されており、闇と不吉さに包まれている。


デビュー・アルバム『MAN MADE』では、長年のコラボレーターであるEarbudsがエグゼクティヴ・プロデューサーを務め、これまでも楽曲に参加してきたSAMO & KIKOや、ダブステップ界の最重要レーベル<DMZ>の創設者でありDigital MystikzのメンバーのMalaなどが同作のプロデュースに参加している。


またミックスを手掛けたのはLauryn HillやAmy Winehouseの作品に関わっていたプロデューサー/エンジニアのCommisioner Gordon。


全18曲からなる『MAN MADE』は、ヒップホップ、ジャズ、ネオソウル、トリップホップ、ラガ、ロック、ダブ、ドラム&ベースなどのジャンルをシームレスに織り交ぜており、様々な影響を受けたGreentea Pengの世界を完璧に表現している。







【リリース情報】




アルバム『MAN MADE』

2021年6月4日(金) 

再生/購入:https://virginmusic.lnk.to/MANMADE

 

◆トラックリスト

Make Noise  

This Sound 

Free My People featuring Simmy and Kid Cruise 

Be Careful 

Nah It Ain’t The Same 

Earnest 

Suffer 

Mataji Freestyle 

Kali V2 

Satta 

Party Hard 

Dingaling 

Maya 

Man Made 

Meditation 

Poor Man Skit 

Sinner 

Jimtastic Blues 


 【Greentea Peng】

英サウス・ロンドン出身のR&Bシンガー、Aria Wellsによるプロジェクト。Lauryn Hill、Erykah Badu、Jill Scottから影響を受けたストーリーテリング力とエッジの効いた佇まいが魅力の1つ。2018年、デビューEP『Sensi』をリリース。2019年、シングル「Downers」を発表し、YouTubeの人気プログラムでのパフォーマンスが話題となる。同年、セカンドEPとなる『RISIN』を発表。2020年、シングル「Hu Man」、「Revolution」を発表し、英BBCによる2021年注目の新人リスト<Sound Of 2021>に選出。2021年6月、待望のデビュー・アルバム『MAN MADE』をリリースする。 






SHARE