Expressive EがMassive Xで使えるプリセットを無料で公開

プリセットはコントローラーTouché(トゥシェ)のユーザーでなくても利用可能。
SHARE
2019.09.16 06:00

シンセに新たな演奏体験をもたらすコントローラーTouché(トゥシェ)で知られるフランスのスタートアップ企業Expressive Eが、Native InstrumentsのフラッグシップシンセサイザーMassive Xで使えるプリセットを無料で公開した。プリセットはTouchéのユーザーでなくても利用できる。




プリセットの入手方法


こちらのリンクからアカウントを作成し、ログイン後にMy Downloads and Serialsの項目に行くとダウンロードできる。


▼無料プリセットのデモ音源



Expressive EのコントローラーTouchéでさらにサウンドの幅が広がる


デモ動画のシンセの隣にあるユニークな形状のコントローラーが、Expressive Eの主力製品Touché。USB、MIDI、そしてCVに対応(廉価版のSEはUSBのみ)しており、ハードでもソフトでも利用できる。揺らしたり表面をなぞったり押し込むなどの直感でシンプルな操作で、シンセのパラメーターを複合的にコントロールし、通常のツマミなどでは難しい演奏を実現できる。単純なコントローラーというよりは、シンセの演奏方法を拡張する新しい楽器の一部という感覚に近いかもしれない。


こちらのデモ動画での実演では、いわゆるWave系サウンドの揺らめくような動きのあるシンセを、オートメーションではなくTouchéによる演奏で作り出している。




シンセのノブだけでは難しい新たなサウンドを引き出す機材


シンセサイザーのノブやスライダーは音を作りこむには最適だが、複数のパラメーターを同時に動かすような複雑な音の変化のある演奏方法には向いておらず、生演奏中に操作できる音色の変化には限界があった。Touchéはこのような従来型のノブでは出来ないサウンドを楽しみながら簡単に演奏できるので、愛用しているシンセも全く違ったポテンシャルを見せるかもしれない。コンパクトでスタンドアローン動作も可能なのでライブのお供にも最適。

この他にも、生楽器系サンプラーにリアルなアーティキュレーションをつけたり、アサインやゲーム映画などのサウンドデザインなど、サウンドに動きをつけるような用途で幅広く活用できそう。


こういったコントローラーは設定が面倒と思われがちだが、Touchéには主要なシンセサイザーに対応したプリセットが多数付属しており、今回のMassive Xだけでなく、主要な人気のソフト・ハードウェア・シンセサイザーで面倒な設定もなく利用できる。



written by Yui Tamura


source:

https://www.expressivee.com

https://hookup.co.jp/products/expressive-e/touche


photo:

https://www.expressivee.com

https://hookup.co.jp/products/expressive-e/touche



SHARE