DIGITALISM(デジタリズム)がもたらしてくれたエレクトロニックサウンド。全世界に向けて発信できるエネルギー

エレクトロデュオとして確固たる地位を築き上げたDIGITALISM。今後の活躍にも期待!
SHARE
2018.05.07 04:07


エレクトロデュオとして確固たる地位を築き上げたDIGITALISM。今後の活躍にも期待!


DIGITALISMはドイツのハンブルク出身のエレクトロデュオとして有名。その卓越したスキルで音楽界を牽引し続けるアーティストだ。DIGITALISMについては、日本での浸透度はまだまだこれからであるが、既に世界では大きな注目を集めている。気になる詳細を見てみよう。




アトラクションゲームに使用される!その人気と実力


DIGITALISMは、現代のエレクトロニックサウンドを語る上では絶対に欠かすことができない存在といえるのではないだろうか。まさに、時代を先駆けての活躍ぶりといっても決して過言ではない。DIGITALISMが確固たる地位を獲得することができたのも、時代の流れを先読みすることに成功したこともさることながら、音楽の持つ多様性をも巧みに音楽に取り入れることができたという点も忘れてはならないだろう。流行り廃りのスピードのはやい現代でも、その人気が決して衰えない点にも努力と工夫が多く感じられる。



もはや、エレクトロニックサウンドで有名になったDIGITALISMだが、ここまで知名度を上げることになったきっかけは、「キツネ」よりリリースされたシングル曲のヒットであったことは間違いないといえる。「キツネ」とは、ご存知日本語であり、このように日本語がそのまま使われるという点でも何となく日本人としても親しみを感じるという人も多いかもしれない。DIGITALISMの代表作といえば「Zdarlight」や「Jupiter Room」、「Pogo」などと、エレクトロニックサウンドのファンならずとも、お馴染みの楽曲が直ぐに思い浮かぶことになる。それだけ多くの人が興味を見せているという事実を物語っているのだ。2007年にリリースしたファーストアルバムでは、各国で記録的セールスを叩き出すことになった。その後も手掛けるエレクトロニックサウンドが多くの人に支持を受けて現代に至っている。


数多くのヒット作品を世に送り出しているDIGITALISMだが、中でも人気が高いとして知られるのが、「Idealistic」である。ドイツの人気アクションゲームに使われたことで、その人気が一気に沸騰することになった。





DIGITALISMの人気は国宝級!世界中にエレクトロニックサウンドを広めるのが夢


DIGITALISMはエレクトロニックサウンドのみならず、それまでの音楽界の常識を根底から覆す音楽を提供し続けているといっても過言ではないだろう。以前の音楽の良さを取り入れながらも、時代を先読みすることができるという点にも、DIGITALISMの実力の高さをうかがい知ることができる。いわゆるインディーロックを念頭に置いてのアプローチながらも、ロックサウンドを十分に咀嚼する形で音楽の世界を掘り下げている点にもその底力を垣間見ることができる。コアなエレクトロニックサウンドファンだけでなく、ロックファンからの支持が厚いという点にもDIGITALISMの特徴的な一面を表しているといえるのかもしれない。

DIGITALISMの人気は、日本国内にも及んでいることについては有名である。2006年に初来日すると、瞬く間に会場をファンで埋め尽くすことに成功した。翌年には、サマーソニックに出演すると昼間の出番にもかかわらずに、会場を満員御礼に追い込んでしまうという偉業を成し遂げることになった。DIGITALISMは、その後も日本人に大きな影響を及ぼすことでも知られている。日本語限定版などの楽曲も度々発表するなどしており、日本人を意識しての取り組みにも注力していることがうかがわれる。




もはや、DIGITALISMの人気は全世界共通といっても過言ではないほどに多くの国々に波及している。ヨーロッパや日本、アメリカなどの経済大国はもとより、これからの成長が期待できる国でもファンが増加している。その活躍ぶりから目が離せない。


Photo:https://www.facebook.com/digitalism/photos


Written by 編集部



SHARE