グラミー賞受賞者のCiara(シアラ)は多彩な才能と努力で今日も世界中の女性を励ましている

デビューからわずか2年後にグラミー賞受賞したCiara(シアラ)
SHARE
2018.05.27 07:01


デビューからわずか2年後にグラミー賞受賞したCiara(シアラ)


ミュージシャンにとって、グラミー賞を受賞することは大変な栄誉である。Ciaraは2006年のグラミー賞3部門でノミネートされ、最優秀短編ミュージックビデオ賞で受賞している。音楽界に欠かせない存在のCiaraだが、音楽以外のマルチな活躍も目立つ。今回はCiaraの活躍をデビューから振り返ってみる。




Ciaraの誕生からグラミー賞受賞まで


Ciaraのフルネームはシアラ・プリンセス・ハリス。アメリカ合衆国のテキサス州オースティンに1985年10月25日に生を受ける。アメリカ陸軍に勤めていた父親の都合で、幼少期はアメリカを転々とし、ドイツで暮らしていた時期もある。Ciaraが歌手になる夢を抱いたのは10代前半のときで、テレビで観たデスティニーズ・チャイルドの影響だった。ボイストレーニングに励みながら、高校ではチアリーダーのクラブ活動にも汗を流す。この頃ガールズグループに加入し、作詞や作曲を手がけていたが脱退。


高校卒業時期となる2003年に音楽プロデューサーのジャジー・フェイの目に留まり、ラ・フェイス・レコードと契約する。そしてジャジー・フェイ協力の下で製作されたデビューアルバムが、2004年の「グッディーズ」だ。




アメリカでは236万枚を売り上げ、アルバムと同名の1stシングルはアメリカとイギリスのチャートで1位を獲得。2ndシングルのミッシー・エリオットをフィーチャーした「ワン・ツー・ステップ」でグラミー賞の新人歌手賞でノミネート、さらに「ルーズ コントロール」でグラミー賞の最優秀短編ミュージックビデオ賞でもノミネートされた。




そして、この2年後に発売されたアルバム「シアラ:エボリューション」でグラミー賞を受賞したというわけだ。なお、グラミー賞でノミネートされた3部門は最優秀新人賞と最優秀ラップ楽曲賞、最優秀ラップ/サング・コラボレーション賞である。




モデルとしても大人気


Ciaraは177cmという高身長、長い手足に小さな顔というスタイル良さだ。モデル界でも引っ張りだこである。様々な雑誌やファッションショーに登場するだけでなく、ブランドのアンバサダーやミューズを務めたりキャンペーンモデルを務めたりしている。

そんなCiaraだが、2016年にはIMGモデルと契約を結んだ。IMGモデルはグローバルモデルマネージメント会社でその規模は世界一とされる。マネージメーントスキルが高く、世界中のスーパーモデルやセレブが所属している。




プライベートでは息子と娘を出産


Ciaraは2014年にラッパーのフューチャーとの間にできた息子を出産している。婚約中での出産となったが、産後3ヶ月後にフューチャーの浮気が発覚し、結婚には至らなかった。その後2人は親権を争い、2年後に共同親権を持つことに決めた。


それから2016年にCiaraはアメフト選手のラッセル・ウィルソンと結婚し、2017年に娘を出産。息子を妊娠したときは約27kgも体重が増えてしまったが、娘の妊娠ではそこまでにはならなかった様子だ。


約27kg増えたと言っても、Ciaraはたったの4ヶ月で減量を成功させている。産後、ドクターの許可を得るとすぐにトレーニングを開始。毎日数回はワークアウトを行い、食生活に気を遣ったというCiaraは着実に体重を落としていった。パーソナルトレーナーの指示によって行ったトレーニングは主に1時間のプライオメトリック式有酸素運動トレーニングだ。これは特別な器具を必要とせず、ジャンプなどを行うトレーニングで、瞬発力や筋肉、メンタルを鍛えられるという運動である。Ciaraは他にボクシングも行い、毎日4リットル近くの水を飲んで老廃物を流すことを意識したと言う。減量後は素晴らしいプロポーションを雑誌などで披露した。


そしてCiaraは息子を出産したことで、母としての強さが生まれたのか、かつてないような自信が沸いてきたと語っている。こうしたCiaraの努力や幅広い舞台での活躍は、世界中の女性を勇気付けている。




Photo:https://www.facebook.com/ciaramusic/photos/


Written by 編集部



SHARE