インディーロックのガールズバンド・Camp Cope(キャンプコープ)

インディーロックファン必見のバンドがオーストラリアより登場
SHARE
2018.06.08 10:41

インディーロックファン必見のバンドがオーストラリアより登場


ロックの中でも別格の存在感があるのが、インディーロック。インディーロックの、少し個性的なところに魅力を感じるファンも少なくない。ここで取り上げるオーストラリアのCamp Copeも、インディーロックファンならぜひチェックしておきたいガールズバンドの1つだ。




ガールズバンドのCamp Copeは3名のメンバーで構成


オーストラリア出身のメンバーで構成されているCamp Copeは、女性3人組のガールズバンドだ。ちなみに、メンバーはGeorgia Maq、Kelly-Dawn Helmrich、Sarah Thompsonの3名。彼女たちは、インディーロックやオルタナティブ・ロックの音楽を専門にしており、ロックファンからも注目が集まっている。2015年から本格的にバンド活動を始め、徐々に知名度を高めてきた。アルバムやシングルを数枚リリースしており、CDやミュージックビデオなどで彼女たちの曲の魅力に触れることが出来る。




Youtubeの動画でも作品が公開中


ガールズバンドのCamp Copeの作品は、YouTubeなどの動画サービスでも公開されている。発売中のアルバムの曲がチェック出来、CDの購入前にどんなテイストの音楽なのかが分かるのが、このようなサービスの便利な点だ。例えば、Camp Copeのデビューアルバムになる「Camp Cope」やセカンドアルバムの「How To Socialise & Make Friends」などがYouTubeでは配信されている。「Camp Cope」は全8曲。「Done」を始め「Stove Lighter」や「Song For Charlie」などが入っているのが、このアルバムだ。2017年にリリースされた「How To Socialise & Make Friends」に収録されているのが「The Opener」などの楽曲。曲はほとんどが試聴可能で、インターネット上からCamp Copeの魅力を堪能出来る。




Run for Cover Recordsと契約! 


ガールズバンドのCamp Copeは、これまでにインディーロックのレーベルであるRun for Cover Recordsや、Poison City Recordsなどと契約を果たしている。デビューアルバムやセカンドアルバムも、このようなレーベルからリリースされており、契約は彼女たちにとってもデビューの大きなきっかけになったと言える。インディーロックのバンドの場合、契約を結ぶレーベルにも特徴があることが多い。Camp Copeも、このジャンルで実績があるレーベルと契約をし、曲をリリースするようになった。実際、Run for Cover Recordsなどは、Turnoverを始めとする有名なインディーロックバンドが所属するレーベルとしても知られている。Camp Copeは、インディーロックの世界で新たに注目され始めたガールズバンドと言えるだろう。




詳しい情報が得られるCamp CopeのFacebook


Camp Copeのプライベートな一面や詳細情報に触れられるのが、彼女たちのFacebookだ。Camp CopeのFacebookでは、活動についての最新情報はもちろん、さまざまな動画もチェックが出来る。今後のコンサートのスケジュールが公開されており、チケットの購入も可能。ちなみにCamp Copeが2018年にコンサートを予定しているのが、アメリカやカナダ、イギリスといった国々だ。イギリスで始まったと言われているインディーロックは、アメリカやカナダでも人気を得ている。各都市を回る2018年のツアーは、インディーロックのファンにとっても気になるところとなるだろう。ガールズバンドならではのポップでキュートな写真が多く見られるのも、Camp CopeのFacebookの魅力の1つだ。アルバムのジャケットはもちろん、インスタ風の写真も数多くアップされている。




Photo:https://www.facebook.com/pg/campcopemusic/photos


Written by 編集部



SHARE