世界を股にかけて活躍する元2NE1のリーダー・CL(シエル)の英語曲には注目

ソロになってからますます高い注目が集まるCL(シエル)
SHARE
2018.05.23 03:18


ソロになってからますます高い注目が集まるCL(シエル)


CLは韓国生まれたのちに様々な国で暮らしてきた経験を持ち、多言語を操れることが特徴の韓国人女性ソロアーティストだ。2NE1のメンバーとしてグローバルに活躍したのち、ソロになってからは彼女の曲やファッションなどが世界中でますます高い評価を受けており、今最も注目のアジア人アーティストの一人と言える。




CLのプロフィール


CL(本名=Lee Chae-Rin)は、1991年に韓国のソウル市で生まれたヒップホップ系女性アーティストである。なお、ソウルで過ごした時間はそんなに長くはなく、父の仕事の都合で世界の様々な国を転々としてきた歴史をもち、日本に住んでいた時期もあるため日本語も話せることが判明している。そんな彼女はオーディションを経て10代半ばの頃に韓国のYGエンターテインメントの所属アーティストとなり、2009年には同社所属の同年代の女性数人と共に2NE1という新グループのメンバーに抜擢された。そして、2009年にグループがデビューして以来、同グループ内にて曲中のラップ分野で貢献し、「I AM THE BEST」「LONELY」など多数のヒット曲が生まれる。なお、グループの活躍は韓国だけに留まらず、日本などアジア圏でも次第にヒットするようになり、アメリカでも人気が出て2012年にはアメリカでの大きな会場でのライブも含めたワールドツアーに20万人を動員する。また、CLは2013年にはソロデビューも果たし、グループとしては2度目のワールドツアーが決定していたが2014年に発生したある問題でグループの勢いは大きく失速し、2016年に解散。以降はソロアーティストとして活動しているが、自由に活動できるようになってから幅広い分野にて活躍し始めている。






CLの英語曲は発音も完璧


CLは大人になってから英語を覚えたアーティスト、英語の曲を歌っているものの基本的には英語は話せないアーティストとは違い、幼少期から英語圏でも生活したことがあり、英語は完璧だ。そんな彼女の歌う英語曲は完璧な発音のため英語圏で受け入れられやすく、グループ解散後の2017年秋に発表したアメリカ映画のサウンドトラック収録曲「No Better Feeling」は早速高い評価を受けている。そして、アジア圏では今後彼女がメジャーレーベルと契約して大きなバックアップの元でアメリカで本格デビューをし、歌手として世界的に成功していくことが望まれている。




ファッション業界から引っ張りだこのCL


アジア圏だけではなく全世界を股にかけて活動し、美しい見た目と素晴らしいファッションセンスを持つCLは2NE1時代から、ファッション業界からも熱視線を浴びてきた。具体的にはブランドのイメージアップに貢献してくれるような最高のイメージをもつ人しか招待されることのないパリコレクションにおいて、これまで様々なブランドから観覧客として招待されている。ブランド名で言うとGIVENCHY、イヴサンローランなどのパリコレ最高ランクのショーに招かれたことがあり、現地では英語・フランス語でデザイナーや関係者と会話をしてきた。また、BALENCIAGAのデザイナーだった時期もあるAlexander Wangとは親交があり、NYコレクションのAlexander Wangのアフターパーティーでライブパフォーマンスを披露した事などもある。その他、世界中の様々なトップデザイナー達から気に入られており、今後、パリコレやNYコレクションにモデルとして登場するようなことがあるのではないかとも言われている。




今後のCL


韓国からは、奇抜な服装やダンスが特徴のPSYという世界的ソロアーティストが既に誕生している。しかし、なかなか女性のソロアーティスト分野ではPSYほどの活躍をする韓国人が出てこない。そんな中、韓国語のほか、英語・フランス語などの多言語を完璧に話せて歌唱力も素晴らしいCLはPSYを超えるような世界的アーティストになれる可能性を秘めており、今後のソロ活動から目が離せない。



Photo:https://www.facebook.com/pg/CL-2ne1-214827715196652/photos


Written by 編集部


SHARE