CHVRCHES、3年ぶりとなる新曲 「He Said She Said」をリリース

ボーカルLauren Mayberryからのコメントも到着!
SHARE
2021.04.21 07:00

グラスゴー出身のLauren Mayberry(ローレン・メイベリー)、Martin Doherty(マーティン・ドハーティ)、Iain Cook(イアン・クック)による人気エレクトロ・ポップ・バンド、CHVRCHES(チャーチズ)。前作『Love Is Dead』は各国でチャートのトップ10入りを果たし、フジロックやサマーソニックで見せたパフォーマンスも大きな話題となった彼らが、新曲「He Said She Said」をリリースした。



みんなと同じように、私もこの一年というもの、多くの時間を使って考え、過去を振り返り、今までうやむやにしてきたことや心の奥にしまい込んできた体験について考えていた。私はこれまでの人生の多くを(個人的にも職業的にも)女性として期待される不快なバランス取りに費やしてきたように感じる。そして歳を重ねるごとに混乱も増して、ひどい疲れを感じるようになってきた。


成功するのなら、みんなの望むやり方で成功すべき。自己主張してもいいけど、男の影が薄くなるほど大声を出すな。魅力的になるのは男性のためだけ、決してうぬぼれてはいけない。話題のサッドガールを目指すなら、誰にも迷惑をかけないように。賢くなるのはいいが、与えられるものより多くを求めてはいけない。


「He Said She Said」では、受け入れるべきではないのに受け入れてきてしまったことを、私なりのやり方で清算してる。それは自分に対してダメージにならないよう偽ってきたこと。制作に戻ってみんなで最初に作ったのがこの曲で、まず出てきた歌詞が冒頭の「彼は言った“君には飽き飽きした”」だった。どのヴァースも、今まで実際に男性から言われたことを皮肉にしたり別の言葉に置き換えたりしている。女性として生きるのはひどく厄介なことよ。でも空洞に向かって叫ぶよりも、ポップソングにのせて喚く方がよっぽどいいと思った。この1年のことを考えると、誰もが共感できるのは、頭がおかしくなりそうって感情だろうと思う。


- CHVRCHES (Lauren Mayberry)



バンドは『Love Is Dead』リリース後、2019年の終わりまでワールドツアーを行い、それが終わった際原点に戻って新曲に取り掛かることとなったが、まもなくして世界規模のパンデミックで身動きが取れなくなってしまいローレンとマーティンはロサンゼルス、イアンはグラスゴーでそれぞれ自主隔離生活を送ることとなった。


そのため、それぞれが今までとは別の方法で制作する方法を見つけなくてはならなかったが、ビデオ通話や、オンライン上でのシェアによってユニークで特別、それでいてチャーチズの本質を失わない作品を作り始めた。「He Said SheSaid」はそんな環境で生まれた最初の楽曲となっている。


チャーチズの待望の新曲「He Said She Said」は各種配信サービスで公開中。







【リリース情報】




label: CHVRCHES, under exclusive license to Beat Records

artist: CHVRCHES

title: He Said She Said


https://fanlink.to/hesaidshesaid2021


01. He Said She Said






SHARE