ヒップホップの人気急上昇DJ CARNAGE(カーネージ)どんな人物か魅力をご紹介

ヒップホップ界で人気になっているDJ CARNAGE(カーネージ)の魅力に迫る
SHARE
2018.05.06 07:00


ヒップホップ界で人気になっているDJ CARNAGE(カーネージ)の魅力に迫る


CARNAGEというDJをご存知だろうか。ヒップホップよりのDJとして、クラブミュージック好きには人気のあるアーティストだ。「ULTRAJAPAN」にも出演している彼だが、一体どういった人物なのか気になるという人も多いだろう。今回はそんな彼の魅力に迫ってみよう。




CARNAGEとはどういった人物?


ロサンゼルス出身のDJ「CARNAGE」。トラップ系で有名な彼は、ラップもこなす人気DJだ。CARNAGEというのはアーティスト名で、本名は「Diamante Blackmon」と言う。元々小さな頃から自分の好みの曲をCDにまとめて母の車で聞くなど、音楽に興味があったようだ。一緒に音楽を聞いていた母から、曲を制作してみてはどうかと提案され、曲を作る事の楽しさを知った。


彼はヒップホップ色が強いDJとしても知られており、ヒップホップのラッパーとのコラボが多い。また、自分自身でラップを入れるというも、CARNAGEの持ち味の一つだ。彼がEDMと出会ったのは、友人にハードスタイルを勧められた事がきっかけだったようだ。EDMと出会った後は、色々と試行錯誤を繰り返した。その結果、ヒップホップにトランスやEDMの要素を組み込むという、彼独自のハイブリッドなサウンドを生み出した。ヒップホップ寄りのDJだが、音楽性の幅が非常に広く、攻撃的なトラップミュージックなども得意としている。彼が一躍有名になったのは、「Bricks」をリリースしてYunaの「Live Your Life」をリミックスした時だ。その後オランダ出身の人気DJ「Hardwell」の「Spaceman」のリミックスを手がける。トラップ風にリミックスされた楽曲は大注目され、世界中に彼の名が広がった。


富と名声を手に入れたCARNAGEだが、彼自身は名声やお金に全く興味がないようだ。イギリスのDJ専門誌「DJMag」のインタビューでは、音楽を心から愛している事や、ファンが自分の音楽を求めている限り死ぬまで提供し続けると語っている。こういったファンを大切にしている彼の人柄も、人気DJになれた要因の一つではないだろうか。



「ULTRA JAPAN」にも出演し日本での知名度も上がった


世界では有名なCARNAGEだったが、日本での知名度はあまり高くなかった。そんな彼を日本でも有名にしたのが、2015年に開催された「ULTRA JAPAN」だ。出演する数日前に、ライブでのパフォーマンス中にケガをしてしまうというアクシデントに見舞われたが、無事にULTRA JAPANのステージに登場した。ULTRA JAPAN当日は、CARNAGEが得意としているEDMとヒップホップを組み合わせた、ハイブリッドなサウンドを披露し日本のファンを熱狂させた。このパフォーマンスを見て、CARNAGEのファンになったという日本人も多い。




トップクラスのDJ達とも共演を果たす


世界中のフェスに出演している彼は、世界トップレベルのDJ達とも共演を果たしている。CARNAGEが師と仰いでいるDJ「Tiesto」や、オランダ出身のDJ「Afrojack」など、名立たるDJ達とプレイしている。中でもカナダ出身のEDMデュオ「DVBBS」とは、プライベートでも仲が良いようだ。


CARNAGEを知らない人にもおすすめな楽曲


まだCARNAGEを良く知らないという方にも、魅力がしっかりと伝わる楽曲を紹介しよう。オーストラリア出身のDJ「Timmy Trumpet」と、ロスで活躍しているDJ「KSHMR」とコラボした楽曲「Toca」。フェスで盛り上がる彼の定番曲で、非常にドープなサウンドの楽曲だ。KSHMRが生み出す繊細なメロディと、Timmy Trumpetが演奏するトランペットが非常にマッチしている。その上にCARNAGEの力強さがしっかりと活かされた、彼の代表曲だ。




Photo: https://www.facebook.com/djcarnageofficial/photos


Written by 編集部





SHARE