Joji、リッチ・ブライアン、キース・エイプの88rising、東南アジアで音楽フェスを開催へ! エアアジア、REDとコラボ

来年1月に来日公演も決定している88risingがAirAsia、HIV支援団体のREDとタッグを組んだ新たな動きをアナウンス
SHARE
2018.11.20 03:05

88risingが東南アジアフェスを開催


ニューヨークを拠点とし、ヒップホップをメインにアジアのカルチャーを世界に発信するデジタル・メディアプラットフォーム兼、音楽レーベルの「88rising」代表のショーン・ミヤシロ(Sean Miyashiro)がマレーシアの航空会社「エアアジア(AirAsia)」、世界的ロックバンドのU2が立ち上げたHIV支援団体「RED」とコラボレーションし、2019年に東南アジアで音楽フェスを開催することをアナウンスした! 


世界的なスターアーティストと共に、多くの東南アジアのアーティストにも出演をオファーする予定で、レーベル外のアーティストも含め多くの若い才能にとってのプラットフォームになるだろうと語る。2018年に開催した北米ツアーでは先日マライア・キャリー(Mariah Carey)のアルバムにも参加したKOHHも出演した事から、日本人アーティストの登場も大いにありえるだろう。世界に向けて88risingが再びアジアの音楽を大々的に広める機会となりそうだ。





88rising × AirAsia × RED


今回の3団体によるコラボレーションはエアアジアがHIVへの意識向上のため、U2のフロントマンであるボノが設立した非営利団体「RED」と協力体制を組んだ事から始まった。エアアジアとREDのパートナーシップから生み出された資金は、アジア太平洋地域のHIV / AIDSプログラムを支援するためのグローバルファンドに寄付される予定だ。


その資金をさらに拡大するために88risingも参加し、東南アジアでのフェスが開催される運びとなった。ショーン・ミヤシロはエアアジアからの今回のオファーを「とても自然な流れだ」とコメントしている。拡大しつづけるアジア圏のヒップホップカルチャーを使ってHIV / AIDSプログラムをサポートすることは名目的にも素晴らしく、これをきっかけに様々な業界とアジアのヒップホップが繋がる事にも期待したい。





たった2年で世界的なレーベルとなった88rising


88risingの名前が世に出始めたのは2016年にリッチ・ブライアン(Rich Brian)が当時リッチ・チガ(Rich Chigga)名義でリリースした「Dat $tick」がきっかけだ。そこから2年の月日を経て今ではアジアを代表する世界的な音楽レーベルにまで成長した。しかし88risingに所属し、今回の東南アジアフェスをアナウンスするイベントでもパフォーマンスをおこなったロサンゼルス在住のラッパー、ダムファウンデッド(Dumbfoundead)は「アジア系アメリカ人のラッパーは多くなく、自分たちにとっては長い時間をかけて広がったものだ」と語る。


ショーン・ミヤシロは「以前はアジア人の認識を変えようとした動きはできていなかった。しかし、今になってそれがどれだけ人々にとって重要な事なのか目の当たりにしているし、自分たちのモチベーションとなっている」とも話しており、今後も88risingの活発な動きは続いていきそうだ。




日本国内のヒップホップシーンも空前の盛り上がりを見せるこの数年、アジアの他の国でも世界をフィールドに活躍するアーティストは増えてきており、今回の東南アジアフェスがアジア圏のアーティストを繋ぐ新たな架け橋ともなるだろう。


今のところ時期や開催場所の詳細は発表されていないが、今後も情報が入り次第お伝えしたい。



written by #BsideNews


source:

https://www.complex.com/music/2018/11/88rising-announces-south-east-asian-music-festival-air-asia-red

https://www.malaymail.com/s/1693198/88rising-joins-airasia-red-for-hiv-aids-campaign-in-2019-south-east-asia-to


photo: instagramfacebook


SHARE