アジアの才能が集結する88rising「Head in the Clouds Festival」にQrion、Park Hye Jinが出演

ラインナップにはRich Brian、Joji、Higher Brothers、NIKIら所属する人気アーティストが名を連ねている。
SHARE
2019.07.18 10:00

世界的にも注目を集めるアジア系アーティストが数多く所属する88risingが、8月にLAで行うフェス「Head in the Clouds Festival」。



88rising主催フェスにアジアの才能が集結 


出演者にはレーベル躍進の立役者として知られ、最新アルバム『THE SAILOR』のリリースを控えるRich Brianをはじめ、アジア系アーティストとして初のBillboard R&B and Hip-Hop部門1位を獲得したJoji、中国の人気ヒップホップグループHigher Brothers、インドネシア出身のR&Bシンガー、Nikiらが名前を連ねており、まさにレーベルの総力を結集したイベントといえる。



日本からはQrionが出演 


そんな「Head in the Clouds Festival」がセカンドステージのラインナップを発表。日本から現在はアメリカを拠点に活動するプロデューサー/DJのQrionの出演が決定した。7月26日には90年代のUKレイヴにインスパイアされた最新シングル「WHEN YOU WANT TO RAVE」のリリースを控える彼女だが、フェスでも存在感を示すパフォーマンスを期待できそう。





韓国出身の注目アーティスト、Park Hye Jin 


また「Head in the Clouds Festival」のにはほかにもJackson Wang、iKON、DPR Live、Dumbfoundea、K?D,、Josh Pan、Manila Killa、Y2K、Deb Neverといったアーティストたちも出演するが、その中でも注目したいのが、韓国出身のシンガーソングライター、ラッパー、DJのPark Hye Jin。ソウルを拠点に活動する彼女は昨年リリースした『IF U WANT IT』がアンダーグラウンドなクラブシーンでヒットしたことで注目を集め、今や人気DJのThe Black Madonnaはおろか、EDMシーンの有名アーティストであるAxwellなどからもサポートを受ける存在だ。





韓国にルーツを持つ女性プロデューサーでは近年、Yaeji、Peggy Gouのブレイクが記憶に新しいが、Park Hye Jinは、最近の注目度、人気の上昇を考えるとそれに続く存在だといえる。 音楽的にはYaejiに通じる浮遊感のあるディープハウス系のトラックとそこに乗せられる英語、韓国語が混ざったリリック、ラップが特徴。すでにBoiler Roomのような世界的な人気音楽プラットフォームでもパフォーマンスを行なっており、今後、日本でもさらに人気と知名度の上昇していくはず。



このように生え抜きアーティスト以外にも魅力的なアジアン・アーティストが出演する「Head in the Clouds Festival」。開催は8月17日となるので、もし、そのタイミングでLAにいるという人は足を運んでみてはいかがだろうか? フェスのチケット購入など詳細はこちらのリンク先にて。



written by Jun Fukunaga 


source: 

https://www.beatport.com/release/when-you-want-to-rave/2638803

https://diskunion.net/clubt/ct/detail/1007867922

SHARE