「美人すぎる劇団員」所属の「劇団4ドル50セント」が週末定期公演開催を発表

“美人すぎる劇団員”として話題の糸原美波やグラビア誌で人気の安倍乙(あべおと)、福島雪菜らが所属する秋元康プロデュースの「劇団4ドル50セント」 が週末定期公演の開催を発表
SHARE
2018.06.24 09:53


“美人すぎる劇団員”として話題の糸原美波やグラビア誌で人気の安倍乙(あべおと)、福島雪菜らが所属する秋元康プロデュースの「劇団4ドル50セント」が週末定期公演の開催を発表


糸原美波は自身のSNSで

「#劇団4ドル50セントの週末定期公演の題名が「夜明けのスプリット」に決まりました!あらすじも解禁になりました。」と報告。


週末定期公演として、6月30日(土)から毎週、金・土・日に新宿アルタのKeyStudioにて公演を開催(8月3日まで)

劇団員が、甲組/乙組/丙組の3組に分かれて、それぞれが同一演目をパフォーマンスします。


2月の旗揚げ本公演終了後から、ドラマやグラビア、他の劇団の舞台への出演など、個々の仕事で人気者となってきた彼女たちが久しぶりに集まって公演を開催。

その成長ぶりやどんな化学反応を起こしてくれるのかに期待する声も多い。


またこの劇団の特徴でもあるのが、秋元康氏の楽曲をふんだんに使った音楽パート。もちろんこの劇団の為に作られたオリジナル楽曲である。


今回の演目でも、どのような音楽と演劇の融合があるのか、新曲の披露はあるのかにも注目が集まる。チケットは現在発売中。詳しくはオフィシャルサイトをご覧ください。


劇団4ドル50セント OFFICIAL WEBSITE

http://www.4dollars50cents.com/







あらすじ

かつて高校のボウリング部であった仲間たち。

彼らは高校でマイナーな存在であったため、放課後、このボウリング場に集まってはボールを投げ続けた。

しかし、イモコの死によってボウ部は解散。


今夜はイモコの三回忌であった。「イモコの弔いボウリングだ……」

ボウ部は秘密を賭けてボウリングを始めるが、ゲームを重ねる毎に、イモコの死の真相が見えてくる,,,。


Written by 編集部



SHARE