「MTV Video Music Awards」今年の受賞作品を紹介!

最優秀作品は誰の手に? 10部門で最多ノミネートを果たしたCardi BをBeyonce & Jay-ZのThe Cartersが8部門で後を追う!
SHARE
2018.08.23 04:30

2018 MTV Video Music Awards


MTVが主催するミュージック・ビデオの祭典「MTV Video Music Awards(以下VMAs)」が現地時間20日にニューヨークのラジオシティ・ミュージックホールにて開催された。昨年のVMAsにて「Bodak Yellow」を披露し、今年10部門で最多のノミネートとなったCardi B(カーディ・B)そして夫婦でコラボアルバムをリリースしたBeyonce(ビヨンセ)とJay-Z(ジェイ・Z)のThe Carters(ザ・カーターズ)が8部門のノミネートと注目を集めた。


ステージ上ではTravis Scott(トラビス・スコット)Logic(ロジック)Post Malone(ポスト・マローン)らがパフォーマンスをおこない、授賞式を欠席したNicki Minaj(ニッキー・ミナージュ)は911の被害にあったニューヨークのワールド・トレード・センター跡地に建てられた駅内にある「オキュラス」と呼ばれるメイン・コンコースにて事前収録したパフォーマンスを放送した。






VIDEO OF THE YEAR: 「Havana」Camila Cabello ft. Young Thug


最優秀作品にはCamila Cabello(カミラ・カベロ)がYoung Thug(ヤング・サグ)をフィーチャーした「Havana」で輝いた。Camila Cabelloは最優秀アーティスト賞と共に2部門での受賞となった!




SONG OF THE YEAR: 「Rockstar」Post Malone ft. 21 Savage


最優秀楽曲賞には先日フジロックで初来日を果たしたPost Malone(ポスト・マローン)が受賞。Post MaloneはVMAs出席後、ニューヨークからプライベート機で帰路につく際、タイヤの故障で急遽マサチューセッツに着陸したが、大事には至らなかったようだ。





BEST COLLABORATION: 「Dinero」Jennifer Lopez ft. DJ Khaled & Cardi B


Cardi Bは最優秀新人アーティスト賞(BEST NEW ARTIST)に輝き、フィーチャリングで参加したJennifer Lopez(ジェニファー・ロペス)の「Dinero」が最優秀コラボレーション賞を受賞した!





BEST HIP HOP: 「Chun-Li」Nicki Minaj


最優秀ヒップホップ・ビデオ賞には先日アルバム『Queen』をリリースしたばかりのNicki Minaj「Chun-Li」が選ばれたが、アルバムが全米アルバムチャート初登場では2位であったことからもSNS上で物議をかもしだす結果となった。






BEST LATIN: 「Mi Gente」J Balvin & Willy William


最優秀ラテン・ビデオ賞に輝いたのは近年のラテンブームの火付け役でもあるJ Balvin(J・バルヴィン)& Willy William(ウィリー・ウィリアム)の「Mi Gente」が選ばれた。このMVは再生回数が15億回を越え、リリース後にBeyonceがリミックスで参加するなどし世界中で話題になった。





BEST DANCE: 「Lonely Together」Avicii ft. Rita Ora


最優秀ダンス・ビデオ賞は今年4月に28歳の若さでこの世を去ったAvicii(アヴィーチー)の「Lonely Together」が選ばれ、この曲にフィーチャリングで参加したRita Ora(リタ・オラ)はビルボードのインタビューに対し「今日の受賞は天国の彼も喜んでいると思う」とコメントした。





VIDEO WITH A MESSAGE: 「This Is America」Childish Gambino


最もメッセージ性の強い作品に贈られるビデオ・ウィズ・ア・メッセージ賞は、強烈なインパクトを残したChildish Gambino(チャイルディッシュ・ガンビーノ)の「This Is America」が最優秀振付賞と共に受賞。監督を務めたHiro Murai(ヒロ・ムライ)はこのMVで最優秀監督賞も獲得した!




BEST CINEMATOGRAPHY: 「APESHIT」The Carters


最優秀撮影賞はルーブル美術館を貸し切って撮影を行なったBeyonce & Jay-ZによるThe Cartersの「APESHIT」が選ばれた。モナ・リザの肖像画の前や皇帝ナポレオンの前でのシーンなど、貴重な文化財を贅沢に使用するあたりさすがの2人だと言えるだろう。このMVは最優秀アートディレクション賞も受賞した。




BEST VISUAL EFFECTS: 「All The Stars」Kendrick Lamar & SZA


最優秀視覚効果賞に選ばれたのはKendrick Lamar(ケンドリック・ラマー) & SZA(シザ)の「All The Stars」映画『Black Panther』のサントラに収録されたこの曲のMVは人波の中に立つKendrick LamarのシーンからSZAが宇宙空間の中で歌うシーンなど、実に壮大でまさに最優秀視覚効果賞にふさわしいビジュアルとなっている。





BEST EDITING: 「Lemon」N.E.R.D ft. Rihanna


最優秀編集賞は再始動後、初のシングルとなったRihanna(リアーナ)をフィーチャーしたN.E.R.D.の「Lemon」が受賞。MVはダンサーMette Towley(マト・タリー)のアフロヘアをRihannaがバリカンで坊主頭にするシーンからスタートし、全編を通してMette Towleyがソロで踊りあげるビデオとなっている!





今回紹介した主な受賞作品も中で聴き馴染みのある曲でもMVを通して観るとまた違う作品の伝わり方があり、楽しみ方が深くなる。過去の曲も含めてお気に入りの曲のMVを改めてチェックしてみるのもオススメだ!




written by #BsideNews


source:

https://hiphopdx.com/news/id.48111/title.2018-mtv-video-music-awards-winners-are-here

https://hiphopdx.com/news/id.48113/title.nicki-minajs-delivers-pre-recorded-performance-for-2018-mtv-vmas


photo: facebook


SHARE