【2018年ふり返り】簡単アカペラ制作ソフト、TR-909クローン、こんなことがあった下半期音楽ガジェットニュース編

「TR-707」無料プラグイン、コルグ「ELECTRIBE Wave」、下半期話題になった音楽ガジェットニュースをふり返える。
SHARE
2019.01.02 11:00

2018年下半期に話題になった音楽ガジェットニュースは?


2018年も様々な出来事が起こったポップカルチャーシーン。block.fmでも1年を通し、音楽、映画、ファッションなどなど話題になった出来事をニュースとして報じてきた。そこで冬休み特別企画として2018年の印象的な出来事を厳選して一挙ご紹介。今回は2018年下半期に話題になった音楽ガジェットニュースをふり返ってみる。






7月 - Daft Punk愛用ドラムマシーン「TR-707」の無料プラグイン「707」を使ってみよう!


7月に話題になった音楽ガジェットといえば、あのDaft Punkも愛用するドラムマシーン「TR-707をモデリングした無料プラグイン「707」だ。こちらはAbelton Live上で使えるプラグイン化したのもので、使い方は、基本的にAbleton Live内にあるプリセットのTR系ドラムマシーンと同じで、例えばキックのディケイやカットオフなどをマクロコントロールパネルで自分好みに調整することが可能。またAbleton Liveユーザー以外も付属するドラムの単発サンプルを使用できるので、ダウンロードしておいて損はなし! なアイテムだ。


https://block.fm/news/707_plugin


8月 - EDMやTrap制作に最適! コルグの最新iOSアプリ「ELECTRIBE Wave」はココがすごい!


8月にはコルグからiOS向け音楽アプリ「ELECTRIBE Wave」がリリースされ話題になった。同アプリは、EDMやTrap制作に最適なものになっており、斬新な音作りに定評があるWave Tableや指1本でコードを鳴らせるなど音楽制作の即戦力機能が満載になっているところは大きな魅力。トレンドになっているモダンなエレクトリックミュージックジャンルの音源制作に取り組んでいるクリエーターは是非購入を検討されたし! 


https://block.fm/news/korg_electribe_wave_app


9月 - 音楽プロデューサーも認めたiZotopeの「RX 7」がヤバい! 話題を呼ぶアカペラ制作プラグイン「Music Rebalance」


9月には簡単にアカペラ制作やドラムのパートの抜き出しを可能にするiZotopeのプラグイン「RX 7」が音楽クリエーターたちの間で大きな話題になった。「Music Rebalance」という機能はまるで魔法のように先述のようなサンプルネタを2mix音源からも抜き出し可能。リミックス制作やマッシュアップのネタ作りに大いに役立つ「RX 7」は、まさに発明だ!

https://block.fm/news/iZotope_RX7




10月 - 無料のDJミックス作成サイト「Rave DJ」が超簡単。曲を並べるだけでマッシュアップ


10月に話題になったのは、無料のDJミックス作成サイト「Rave DJ」だ。このサイトではYouTubeやSpotifyの音源のリンクをコピペするだけで、簡単にDJミックスを作成可能。さらにマッシュアップも同様の方法で作成できたりもする。本格的なミックスの録音やマッシュアップ作成前にラフスケッチを作って、イメージを確かめてみたいという人に特にオススメ! って、もちろんblock.fmリスナーならすでに試しているよね?


https://block.fm/news/rave_dj


11月 - 本物に似てる? ローランドTR-909のクローン機「RD-909」、ついに発売日が解禁? 価格帯は3万円。ベイリンガーが示唆


11月にはあのベイリンガーから発売を待望されている噂のローランドTR-909のクローンドラムマシーン「RD-909」に関する最新情報が到着! リーズナブルな価格でこれまでにも名機のクローンを販売してきた同ブランド、今回もお値段3万円台で、2019年上半期にリリースされる見込みだと報じられたことが大きな話題になった。


https://block.fm/news/rd909_releasedate


12月 - Abletonが無料でMinimoogなどヴィンテージシンセの音が使える「Singularities」配布開始!


12月に話題になったのは昨年2月に発売されたばかりのAbleton Live 10用の無料音源「Singularities」だ。Juno 10、Minimoog、Oberheim OB-Xなどヴィンテージシンセの音が使えるこのサウンドパックにはインストゥルメント・ラック以外にMIDIクリップ、ドラムキットも収録されるという充実の内容になっていた。80sライクなレトロサウンドを制作してみたい人にはもってこいな感じなので、是非今年はこれを使って新曲を制作してみてはいかがだろうか?


https://block.fm/news/ableton_singularities

▶︎2018年block.fmニュースまとめ関連記事

【2018年ふり返り】小室哲哉引退、m-floライヴ、アヴィーチー逝く、こんなことがあった上半期音楽ニュース編
【2018年ふり返り】堂本剛のヤバすぎるファンクネス、Tekashi 6ix9ine逮捕、こんなことがあった下半期音楽ニュース編
【2018年ふり返り】ミュージシャンの大麻ビジネス、AMBUSH®YOON躍進、こんなことがあった上半期カルチャー編

【2018年ふり返り】ゲーム・オブ・スローンズコラム、バンクシー、こんなことがあった下半期カルチャーニュース編
【2018年ふり返り】Ableton Live 10、IKEAターンテーブル、こんなことがあった上半期音楽ガジェットニュース編


written by Jun Fukunaga



SHARE